プラ郎制作日誌

プラ郎が制作中のプラモ進行状況をお伝えします。
<< 見かけなくなったなぁ | main | 足まわり >>
スプレーブース製作
0
    以前から「絶対カラダに悪いよな〜」と思いながら、締め切った室内で換気もせずにエアブラシを吹き続けていたのですが、モヤったり室内にうっすらと貯まるチリのような塗料カスを見て限界を感じていました。
    それ以上に酔っぱらったみたいになるシンナー中毒症状にはかなりの不安がありました。撃沈

    先日もプラモ大師匠の与助さんとの長電話の中で、スプレーブースの話題になりタミヤのスプレーブースなどを聞いてみたのですが、「自分で作る」というモデラー魂を揺すられるありがた〜い一言で近所のコーナンにダッシュする決心がつきました。自転車

    というわけで、早速の材料調達です。



    ●パイプファン→¥5980
    ●150Φのアルミフレキシブルダクト→¥1080
    ●40アミ→¥330
    ●活性炭マスク10枚入→¥98
    ●組立本棚→ありもの


    それでは組立の開始です。
    1.換気扇にフィルターを吸い込まないように40アミを取り付けます。


    2.本棚にダクトサイズの穴を開けます。(一回り大きめ)

    3.裏側に補強板(適当)を木工用ボンドで接着し、換気扇を木ねじで固定します。

    4.ダクトの片側を丸形状から長方形に変形加工し、窓のスキマを最小限にできるようにします。

    5.ダクトを換気扇の裏側に固定します。

    6.活性炭マスク2枚をアミに乗せ、ルーバーを閉めます。


    7.ブースの位置と窓の位置を調整し完成です。


    結構いい感じで吸引してくれます。しか〜し!!
    少し吹くと活性炭マスクが目詰まりして全く吸わなくなりました。使えません。
    フィルターは再考の余地アリです。
    仕方ないのでフィルターなしで使ってますが、部屋に全くニオイが残りませんし塗料ミストも飛び散りません。タミヤのグレイサフを吹いても大丈夫でした。

    電源スイッチはコンセントごとにスイッチのあるタイプのタップを使用して一ヶ所で「切/入」します。
    また、使用時に手元が暗いので15Wの蛍光灯を追加しました。
    (真ん中のティッシュリボンは吸ってるかを確認するためのものです)


    こんなに効果が高いものを、何で今まで気づかなかったのか不思議なくらいです。タミヤだクレオスだと製品化されたものを選択するという思考しかなかったので、イマイチ納得してなかったというのがホントのところでしょうか。(モデラー思考ではないよな)


    いずれにせよこれからの寒い季節にも窓全開にしたりせずとも、家族からの苦情も少なくなるなるという大変ありがた〜いアイテムが増えたということで、よかったよかった拍手

    !注意:このスプレーブースは完全に個人使用を目的としているため、各製品その他は本来の目的ではない方法で使用しています。また、100Vモーターがアルコールやシンナーで発火するといった危険性を持っていることには目をつぶっていたりします。
    参考にされるのはご自由ですが、もし何かあったとしても当サイトは一切の責任を負いませんので自己責任の上で参考ください。

    | プラモ全般 | 15:54 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE